「ほっ」と。キャンペーン

Tse&Tse associees*ツェツェの四月の花器

b0152515_20255098.jpg

5月ですね〜。
今日は、いいお天気、とても爽やかだったので、ベランダを開けっ放してキャミソール1枚で過ごしました。

5月生まれのせいもあるのか、5月が一年中で一番好きです。
新緑が生き生きとして、本当に身も心も軽く、開放的になれます。

4月は同じように見えて、花冷えのようにすっごく冷え込む日もあるし、時には雪が降ったり、
暖かいフリして、油断していると痛い目に合う時もあるから、あまり好きになれない(笑)

ところで、巷に行き渡りつつある定額給付金。
一人、12000円。皆さんと同じく、こんなことで景気回復の起爆剤になるとも思わないけど、
ま、とりあえず、もらえるものは、ありがたく頂いておきましょう、という感じですかー。

我が家の定額給付金の使い道はー
ゴールデンウィークの小旅行もいいけど、やはり目先の物欲には勝てず。

手堅く貯金もありだけど、それだと、政府の意図に反する(これは、口実)から、
やはり使わなくては。ということで、購入したのがツェツェのVase d'Averil (四月の花器)。

ツェツェとは・・
パリの国立工芸学院で出会ったカトリーヌ・レヴィとシゴレーヌ・プレポワの二人の女性が立ち上げた
雑貨ブランド「Tse&Tse associees(ツェツェ・アソシエ)」のこと。
b0152515_20263163.jpg

「欲しいけれど見つからない」という物をデザインし作るために設立したブランドで、
 テーブルウエアや花器、照明など毎日の生活を楽しく、そして豊かにしてくれるアイテムがいっぱい☆
b0152515_20261013.jpg

この「四月の花器」は、21本の試験管が. 20個の留め金でつながれていて、 自由に形を変形することができます。

クネクネと自分の思うような形を作って、一本一本生けていく作業は、思いのほか楽しい〜!

それに、楽しいだけではなく、この花器って、本当にすごいんですよ!
b0152515_20364838.jpg

なぜなら、この花器に何も考えずポン、ポンと生けていくだけで、
あれれ? 假屋崎さんも真っ青じゃない?っていうほど様になる。

確か、雅姫の愛着定番にもそう記してあったけど、ほんとにその通り!

この四月の花器はLサイズとSサイズがあって、最初はSサイズを注文したのだけど、
これは小さいもの好きな私にも小さすぎました。
大きいLサイズだと背を高くしたい時などにヴァリエーションがきくので、断然Lサイズがオススメ。
b0152515_20371218.jpg

交換の時、箱がない(早々に捨ててしまったので)普通は箱も一緒に返品してもらうのですが、と厳重注意されてしまった(汗)

それはさておき、最初、見た時の素朴な疑問ー お水は、どうやって替えるんだろう。

そう、中央に丸〜るくひとまとめして、蛇口の下で一度に替えることができます。

普段、花を飾っていても、見向きもしない娘とその友達が一斉に寄ってきて、「キレイ!」「キレイ!」と大合唱。

さすが!子供もトリコにする遊び心いっぱいのツェツェ、です。

b0152515_20384632.jpg

[PR]
by hitomille | 2009-05-01 21:16 | お気に入り


<< Creil et Monter... Far Breton*ファーブルトン >>