「ほっ」と。キャンペーン

Terrine de campagne*テリーヌ・ド・カンパーニュ

b0152515_2194814.jpg


pistacheさんのstaubのテリーヌ型に思わず、触発されてしまって、、

憧れのテリーヌ型、マネっこしちゃいましたm(_ _)m

わたしは、シルバーグレイをセレクト♡

b0152515_2562290.jpg


届いたテリーヌ型、写真で見るよりとっても可愛い〜!

b0152515_219956.jpg


さてさて、第一弾。
何を作ろうかな〜 と流行る気持ちを押さえつつ、テリーヌ本とにらめっこすること丸一日。

・・テリーヌと言えば、やはり基本のカンパーニュ、

カンパーニュに必要なもので、新しく揃えなきゃいけないものは・・ルビーポートワインとコニャック。

後は、お肉を買い足せば今ある調味料や材料で何とかいけそう、、

ということで、今回は、テリーヌ・ド・カンパーニュに挑戦〜☆

と張り切っていたのはいいけど、いきなり、出ばなを挫かれてしまった、、

というのは、カンパーニュって、表面にクレピーヌという豚の横隔膜を巻き付けるのだけど、
これがーどこへ行っても手に入らず・・(>ε<)

近所のお肉屋さんになかったから、その足で阪急と阪神に行ったけど(つい意地になっちゃう(汗)
結局、何処にも売ってなかったー。(豚レバーもなかったよ〜)

仕方ないので、クレピーヌはなし、豚レバーの不足分を鶏レバーで補って作ります。。

まずは、メインの材料、豚肩ロース、と豚トロを合わせて、ひき肉よりも大きくなるようカット。

そこへ、こしょう、ナツメグ、クローブ、シナモンなどのスパイスを揉み込み冷蔵庫で1時間。

レバーは塩水につけ、冷蔵庫で1時間、その後、ルビーポートワインで漬け込んでおいて30分。

それら下ごしらえしたお肉と、にんにくと玉ねぎのみじん切りを炒めたもの、下処理した背脂、白ワイン、
ルビーポートワイン、コニャック等を加え混ぜ合わせます。

b0152515_2522426.jpg


それを、空気が入らないよう、型に詰め、冷蔵庫で一晩おきます。

b0152515_255276.jpg


翌日冷蔵庫から出して、お湯を張って、オーブンで30分、蒸し焼き。蓋をとって、さらに30分。
b0152515_302629.jpg


    焼き上がり〜^^

すぐにオーブンから出して、熱が入りすぎないように、氷水を当て、重石をのせて冷まします。

冷めたら、また、ラップをして、さらに冷蔵庫で一晩お休みー。

そう、作り始めてから、出来上がりまでは、丸2日間!

むずかしい行程は特にないけど、正直、手間が、かかりますねー(^_^;)

さてさて、手塩にかけて作ったテリーヌ、

しっかり固まって美味しそうではありますが・・

今日は、コリアンダーとミントを添えて、いただきま〜す!

b0152515_37361.jpg


お肉の凝縮された味にスパイスとフルーティーなワインの風味が加わって、すっごく美味〜〜!!

これは、断然、赤ワインが必要だわ♡

b0152515_392970.jpg

[PR]
by hitomille | 2010-08-30 03:20 | 料理


<< 南部鉄瓶のティーポット 目玉おやじ >>