LE CORDON BLEU★Pâtisserie Intermédiaire No.12

b0152515_14544760.jpg


ル・コルドン・ブルー 中級 Entremets/アントルメ

1.OPERA  オペラ
2.ST.MARC サンマルク

さてさて、コルドンブルーも、早、4ヶ月半ー中級も中盤ー 折り返し地点まで来ました035.gif

やっぱり週2は、すごく早いー005.gif

週2って、正味、中5日間なので、ノートのまとめに写真の焼き回しと
整理などをしているとあっという間に時間が・・言い訳じゃないけどー丸2日潰れると、あとの5日もバタバタで、
なぜか(?)日々のごはんも超手抜きー

最近は、「ママー、ごはんくらいちゃんと作ってよ〜」と言われる始末。。

うちの子って、不思議なくらい何にもできない。(やっても、下手っぴ)家事全般、お料理などまったくダメー。


あ〜、このままではお隣のiさんと同じになるんじゃないか、とー(汗)

ま、でも、私がいる限りは、そういうことは、ワタシがしようと思っているから、実際、お料理や家事なんてする必要ないしー
私、個人は、本人のやりたいこと、得意なことでカバーできれば、それでよい。という考えなので、、まっ、いいかー。

私が、いなくなったら、苦労するんじゃないか、と思われるかもしれないけどー・・

そういう人は、私がいなくなっても、きっと、その代りになる人が、現れるだろうから大丈夫^^(それが縁っていうものなのです)

娘には、幼い頃から「結婚する時は、ママも一緒にもらってくれる人じゃないとダメだよ。」
オトとママで二人一人、二個一だからね、オトと一緒になったら、もれなくママも、ついてくるよ」
としつこくしつこく言い聞かせている(笑)

こんなクセのあるママがもれなくついてくるんだもんー
一方の娘の方はできる限り、「まっすぐ」に育てなければ、、

b0152515_14514324.jpg



オトミはんは今、来年早々の、バレエのコンクールに向けて特訓中です035.gif 

ここ半年くらい、バレエの実力が急激についてきて、

最近は、あれほど足がダルかったり、ふくらはぎがジンジンするのが、嘘のように消えてしまい、
普通の姿勢でいるよりも、ストレッチをしている時の方がリラックスできるくらいにまでなってきたそう^^

それもこれも、ようやく、バレエによる正しい筋肉の使い方を実践してきた成果の賜物038.gif

本人の努力もさることながら、先生のすばらしい指導も、大きかったぁ、、040.gif

お腹と背中がひっつきそうなウエストに、スラリとした腕、首が長くて、肩が下がり、頭が天井から
引っ張られているみたいに、背中が伸びている。
その割には、結構奥行きの太さのももー(といっても、正面から見ると、ほっそーいけど)
何もしない時はポヨポヨしてるのに、ピン!と伸ばすと、岩のように、キンキン005.gif

足首や足の甲も見事に使えるようになってきて、空中で足開いて、飛べるようにもなった。

開脚も180度開いて、そのまま360度回転できるようになったヨ♪♪

あと、ビールマンスピンの体勢もすばらしく、キレイー(←これ、特種能力だよねー)

ああ、、我が子ながら、完全無欠の美しいシルエットに、惚れ惚れだよ〜〜053.gif
8
唯一の難といえば、、毛深いのが・・ちょっとぉ(笑)

人間「自然」のままにしていては、必ず歪みが出てきてしまい、それが、疲れの原因になったり、
肩こりやどこかの痛みになって現われてくるもの、

本来の真っすぐさを、保つには、やはり、毎日、そのつど矯正するーというのが鉄則。

私が、娘を持つにあたって、これだけは、って譲れなかったのが、
物心ついた時から、徹底しているのが、心身共に「まっすぐであること」。

「まっすぐ」って、ほんと、不可能に近いくらいむずかしいというか、極めて特種な能力だと言っても過言じゃないです。

その証拠に、普段何気に、椅子に座った時に、背筋を伸ばして、お腹を引っ込めて、
綺麗〜な姿勢をとってる人なんて、まずいないでしょ?!

でも、それが「自然」になってしまえば、これほど美しいものはないし、
動作は、本人が思っている以上に、本人を現すものなの(うっ、我ながら、耳が痛い話である)

私が、それを半矯正的にさせていたのは(椅子に座る時に実際、注意したことはなくて、
それが本人も意識できない、自然なふるまいになるようにするってこと)
単に、美しさの為ではなくて、そうなれば、本人が何より、一番ラクになれる、って、私自身が熟知しているからー。

人生、、ラク〜に生きて欲しいーが、私のモットー。(無駄は苦労はしなくてよい)

人から見ると、常に綺麗なまっすぐの姿勢は、しんどそうに見えるかもしれないけど、

本人は、「ダラっ」と(したように見える)することが、反対に、しんどいらしいから、不思議ー

そうなれば、もはや怖いものなしで、、例えば、食べ物だったら、どんなに食べても、太らない
(すべての筋肉をくまなく使っているので、すべて消費してしまうー)

普通の人の筋肉は、運動をしても、ある一部の部分しか使えていないっていうのが実情ー

だから、必要以上に食べると、普通に太ってしまう。

私の父親もまさしくそうだった。

幼い頃から、ずっと鍛えていたので、人の3倍食べても(食べる時は、食後にケーキワンホール食べてた!)決して、太らない。
(そういう体質ではなくて、、ちなみに両親は小太りだから)

物心ついた頃から、脂肪というものに縁がなくて、
60歳とは到底思えない筋肉質のまっすぐで、完璧な体格だったヨ。

残念ながら、「筋肉」の質って言うのはまた別の話で、これは、遺伝によるところが大きい。(質=才能ってことかもー)

人の3倍食べても太らないー身体、ああ、うらやましい限り。。

と言っても、私が、こだわり続けているのは、太い、細いじゃなくて、あくまでも「まっすぐ」なことー

キーポイントは、やはり、子供の頃から、ってことです。

骨格が完全に出来上がるまでだったら、骨格すらも変えることができるので
(子供でも、間違った使い方して、身体使えてないとダメだけどー)

私は、大人になってから、「歯」の矯正をしたから、健康な歯を7本(親知らず入れて)抜いたけど、
娘の方は、おそらく抜かなくて済む筈ー(もうすぐ、恐怖のヘッドギア生活に突入ー)

バレエの先生といい、矯正の先生、世の中には、本当に本当に、プロフェッショナルな人がいるんですよねー
(これまた惚れ惚れ〜)

将来的に女の子を持たれる予定の方には、断言するけど、、絶対に「バレエ」!!

私に言わせれば、させないのは、その可能性をみすみす、捨てるってことで、すごく、もったいないよー。

勉強よりも何よりも、とにかく、大人になるまでに「身体」を創ってしまうーこれ以上に大切なことはない。

それは、もちろん、本人の為なんだけど、、
何より、毎日、「美しい身体」を鑑賞できるという一石二鳥のおまけもついてきます♡

今、私、美しいものに囲まれて、めちゃくちゃ楽しいのです(笑) 

もう男の人と一緒の住むとかの生活には、100%戻れないワー

ところで、ところで、これまた、「まっすぐ」が命の「オペラ」ですが、、今回の中間試験でもありました。

b0152515_1538329.jpg



だが、しか〜し・・・
キエーーー、 曲がってしもた〜〜〜〜ッ007.gif(写真ではわかりづらいかも)

私ときたら、何よ、こんなにエラソ〜にウンチクを語っているのに、事、自分に関しては、オペラすら「まっすぐ」に作れないじゃないのーー040.gif040.gif

敗因は、最初のスポンジ、、時間通りに焼くと、「焼き」が入りすぎたようで、端が固くなっちゃって、
あと、うすい部分が出来てしまったところ、、スポンジが均等に焼けなかったー(涙)

その土台であるスポンジの上から、クリームを縫って組み立てている最中から、歪みが出てしまったのー

私ときたら、、本当に「まっすぐ」に無縁な人、、(シュン、、007.gif

同じ作品としてなら、子供よりも、オペラを真っすぐ作る方がよっぽどカンタンな筈なのに・・(汗)

(トップの写真は、プレゼンにいく前の状態です♪)

b0152515_15394545.jpg

[PR]
by hitomille | 2011-08-13 16:06 | 中級


<< LE CORDON BLEU★... LE CORDON BLEU★... >>