カテゴリ:リノベーション( 4 )

b0152515_3491496.jpg

こちら、我が家の中扉ー とっても気に入っています♪

当初、成り行きだったリノベーション。ゆえに、特別こわだりがあった訳でもなく、
どちらかというと(気持ちは)やる気のない状態、ゆるゆるな感じで始まりました。

なので、後々になってから「ここは、どんな風になってましたッけ?」と聞くことが多く、
kariyaさんが提案して決めて下さったように思っていたけど、すべての部分、私と打ち合わせをしたとのこと・・(苦笑)
実際、そのほとんどが覚えていなくって、、(^_^;)

だから、完成に近くなるにつれ、わぁ〜、いい感じ〜♪ ここ、こんな風になってるんだ^^なんて
いまさらながら感動してました。特に、この扉は、大のお気に入り☆

木の質感がいい感じに出ていて、しっかり重厚な感じがするのに、小窓がふたつついて(kariyaさんのデザインです)とっても可愛い印象☆
ペイントする前のヌードな感じもいいけれど、この色味にして、ますます雰囲気アップでした。

かなり適当だったのにも関わらず(ごめんなさいッ)完成したお部屋は、
「そうそうそう、こんなお家に住みたかったの〜!」とすっぽりと忘れてしまっていたことを
思い出させてくれたような、、そんな空間でした。

これもすべては、kariyaさんはじめ、現場で実際作ってくれた大工さん方々のおかげ。
本当に、ありがとうございましたm(_ _)m

とっても快適に機嫌良く暮らしていますが、ただ、ひとつとっても気がかりなことがあるのです・・

それは・・ゴキブリ! 

引っ越しして来た初日、黒光りした巨大サイズが出てきたのを皮切りに、ベランダで死んでるのを発見すること数回。

2、3日前にも、小ぶりのものを発見。と、頻繁に出没。

そして、今日、トンデモなく衝撃的なことがありました!!

ー夕方、買い物から帰ってきて、買ったものを冷蔵庫に入れるべく、一番下の冷凍庫の取っ手に手をかけて引くと、
いきなり大きくて触覚の長〜い黒光りしたゴッキーが出現!!その距離、手からほんの1、2センチのところ!
(引き出した取っ手の平らな部分に乗っかっていたんです〜!)

もうね、いつも通り、冷蔵庫をガッと開けて、まさか、ゴキブリが出てくるなんて思いもしないので、
あまりの不意打ちに、ほんと、腰が抜けそうでした(>ε<)

「ギャ!!!!」と一言、短く叫んで手を引っ込め、そのまま、走って殺虫剤を取りに行ったものの、
開けっ放しの冷凍庫めがけ、シューーッとするのは、気が引ける、、といっても、、ここは、やはりやるしかない。
ゴッキーめがけ、恐る恐る、シュッ、シュッ、と吹きかけるやいなや

・・案の定、すごいスピードで、そのまま冷凍庫の奥の方に逃げ込んでしまった。

あ、あ、いやだー、奥に入っちゃったよ〜〜(涙)

・・それに、入ったのはいいけれど、あれ? 出てこないし。

しばらく待っても、 いっこうに出て来る気配なしー

ええ〜!?ひょっとして、冷蔵庫の内部って、氷ができるところとか繋がってるの??

いやだ〜、内部から侵入して、冷蔵庫の中、這いずり回ってたら、ど〜〜しよ〜〜〜ッ(>ε<)

開けっ放しにすると鳴るピッ! ピッ! という警告音がさっきから、鳴りっぱなしですごくうるさいし、

中のアイスクリームは早くも柔らかくなってきたし、 とにかくなんとかしなきゃ、と焦るも、上段の扉を開けるのがコワイ。
冷凍庫の中のものを何かを動かした途端、すごい勢いで飛び出してくるかもしれないしー

とりあえず、鍋つかみを嵌めて、その上から、パスタをお湯から引き上げる時に使うトングを片手に持ち、手を思いっきり伸ばし、
腰をできるだけ引いてアイスクリームや、ちりめんじゃこの袋を掴み、ソ〜〜ッとひとつづつ上げていく。すごいスリル・・

ものすごくビビっていたので、床の木の節の部分をゴキブリに見間違え、ビクッと、大袈裟に反応してしまった(苦笑)

結局、冷凍庫の中の物を全部取り出しても、出てこないので、
勇気を出し、床に頭をつける感じで覗き込んでみると奥の方で、仰向けに手足だけバタバタさせているじゃないの。

冷蔵庫のケースをはずして、ふとんたたきで、かき出して、トドメにシューーーーーーッ。

ああ〜〜も〜〜それにしても、びっくりした〜!!

いやだわ〜、これから冷蔵庫、気軽に、開けれないじゃん〜〜〜〜!!

冷蔵庫の扉を開ける度、ゴキブリが取っ手に乗っかっているあの絵図、リピートしてしまうや〜〜〜ン  サイアク・・

こんな遭遇のしかた、あり得ない、 絶対に波動落ちてる・・

それにしても、すごく大きかったのに、軽くシュ、シュ、2度押ししただけで、動かなくなるとは思ってもなかった。

今回使った、ゴキジェットプロ よくよく見ると「秒速ノックダウン 逃がさない。暴れさせない!」
「はいずり回って逃げる余裕を与えない!」って、書いてある・・  すごいかも。

ゴッキーが苦手な人(得意な人はあまりいないと思うけど)これ、断然おススメします。

b0152515_350332.jpg

[PR]
by hitomille | 2010-07-16 03:42 | リノベーション

洗面所

b0152515_2185196.jpg


新しいお家で一番こだわった場所・・それは洗面所ー。

ずっとタイル張りの洗面所に憧れていたこともあって、
タイルや床の材質を自分の目で見てみたいとkariyaさんに北浜にあるサンワカンパニーに連れて行ってもらいました。

当初の目的はシステムキッチンだったのですが、そこで偶然出会ったアンティーク風の白いタイル☆

真っ白〜ではなくて、ややグレーがかったような、とても雰囲気のある白で、縁がアンティーク加工されていて、
とにかく素敵、一目惚れでした。

このタイルを使った洗面所が出来上がるのを想像すると、本当にワクワクドキドキ♪していたのですが、が、
結構土壇場になって、タイルが欠品中という連絡が入り、ガ〜〜ン!

輸入品ということもあり、時間がかかる上、納期がいまいちはっきりしない、

どうしようかー。

他をあたって、もし、いいのがなければ、入るまで待つ覚悟で、タイル探しに行きました。

同じような白のタイルで捜したけれど、まったく皆無。

それにしても、デザインや色に関しては、日本のメーカーのものって、ぜんぜんダメー。
車もそうなんだけど、ほんとにいい色がないなぁ、ってつくづく思ちゃいます。

半ばあきらめモードで一通り見てみると、一見、ストーンっぽいタイルを発見。
色は白ではないけれど、洗面所に使うとなかなかいい感じになりそうかも。。

b0152515_134284.jpg


そして、同じタイルの模様入りも作られていたのだけど・・こちらが、お値段を聞いてびっくり!

今まで、タイルの値段なんてまったく知らなかったんだけど、ちなみにこの葉っぱ模様のタイル
2個セットと同じタイルで無地のもの、なんと100個分と同じなんです。

聞いた瞬間、「ええ〜!?高い〜〜! このタイル、そんなに高いんですかぁ〜!?」って
まるで、いやがらせのように(笑)何度も訴えてしまいました。(すっかり大阪のおばちゃんになってます(^_^;)

だって、1個=50個。 それって、材料費は同じでしょ、手間?っていってもこの葉っぱ模様に
どれほどの手間がかかってるの?って感じなんですけど・・(^_^;)素人目にはなんとも納得しにくい。
b0152515_2117660.jpg


でもね、悲しいかな、この模様タイルをたとえ1個でも、入れるのと入れないのとでは、やっぱり大違いなの〜!

この手のお値段のつけ方ってほんと痛いところをついてくる感じで、消費者心をよ〜く熟知してる。。
b0152515_21185181.jpg


帰り際、お店の人に、「よろしければ、こちら、サンプルの方、お持ち帰り下さい」と言われ、

「あ、すいません。」って、その模様入りのタイルを手にとった瞬間、
「あ、そちらは〜、、ダメなんで、」ってつかさずツっこまれ、
「あ、あ〜〜・・・ごめんなさいッ!」って、そうだった、これサンプルで持って帰ったらそれで買わなくても、済んじゃう(笑)

そりゃ、大慌てで制止されて当たり前よね。 ・・いえ、決して、意図的じゃないですよ〜〜(笑)

なんだかんだで、出来上がった洗面所ですが、思った以上にアンティークの水栓との相性もピッタリだし、
白グッズの小物もいい感じに引き立って、めでたく、お気に入り空間になりました☆

b0152515_2114830.jpg

[PR]
by hitomille | 2010-07-03 21:29 | リノベーション

インナーテラス

b0152515_16185729.jpg


今回のリノベーションされたお部屋、

「これが、私」って言い切っていい程、今の自分にジャストフィットして、とっても気に入ってるんだけど、
その中でも特にお気に入りコーナーが・・インナーテラス☆
(と言ってもjunkoさん家のテラスにはとても及びませんが・・^_^;)

kariyaさんに、家具の寸法を提示してから、数日後ー3パターンの図面が出来上がっていました。

もともとのマンションの間取りに近い感じのもの、大胆にアレンジされたものー

想定される生活パターンに基づきながらも、それぞれに特色があって、、
図面上、眺めているだけでもそこでの生活のイメージが膨らんできます。

それぞれの図面を見ながら、ひとつづつ説明して下さっている最中、
「この部分は、床をタイルにして、ちょっとしたテラスにしようと思っています」という図面上のインナーテラス、

インナーテラス!? なんだか、素敵そう〜!

このマンションは築30年程経っているので、最近のマンションに比べると、光や風の通りをさほど重視されていなくて、
本来ならお昼間でもやや暗め。

それをできる限り解消するべく、今回、お部屋の壁をくり抜いて窓を作る、壁の一部にガラスを使う、など、
いろいろと工夫して下さったのですが、
ベランダ側の部屋の一角をテラスにすることによってもまた、光と風を取り込めるようになります。

ーそれ以前に、そのスペースがあるのとないのとでは、お部屋全体の印象はガラリと変わると思います。

もちろん、テラスがある方が格段に ステキ!!

b0152515_16382449.jpg


今回、お部屋の一角をテラスに、と提案され、真っ先に思い出したのが、宮沢りえちゃんの当時のLAのお部屋。


リビング全面を素焼きタイルに張り替えたお部屋を雑誌で見た時、うわ〜、なんて素敵なの〜!とすごく印象に残っていて、
いつか私も素焼きタイルのお部屋に住みたいなぁ〜と密かに、憧れていたのでした。

リビング一面の床を素焼きタイルにするー今度は私が、kariyaさんに提案してみたのですが、、

「そうです、ね・・悪くは、な、いでしょうけど、ね。。」

「何か落とすと、すぐに割れちゃいますよ、ね・・」「あ、、そうですねぇ。」

「基本的に靴履きの生活と、日本の生活はやっぱり多少違ってきますよ、ね、、」「う〜ン、そうですよねぇ。」

・・などの会話のやり取りが続き(笑) 
そうね、LAは一年中暖かいもんね、、日本の風土じゃちょっと向かないかもね。
冬、床暖房を設置して、ガンガンにつけておけばいいんだろうけど、現実、そうもいかないし、ね。

結局悩んだ末、今回はひんやりタイルよりも、木の温もりを選びました。

ただ、出来上がった空間が、あまりに素敵で、

特に今の季節は、タイルがひんやりしてて素足が本当に気持ちよくって、水に濡れてもササッと拭いてお手入れラクラク、
フローリングと違って、傷もつかないし、そして、何よりお洒落で、より洗練された感じ、


これだったら、思い切って、リビング全体にしてもぜんぜんよかったかなって思います。

もし、次にそういう機会があれば、ぜひそうしてみたいです〜


それから、次のお悩みは、このお気に入り空間のテラスに何を置こうかー

もともと観葉植物って、あんまり好きじゃない、

なんとなく葉がぶ厚くて人工的な感じがするところが・・
その分、丈夫だからある程度、ほっておいてもそれなりに育ってくれるんだろうけど、、

と思っていた矢先、見かけた「アジアンタム」。
b0152515_16192520.jpg


アジアンタムって、葉っぱがほんとに薄くてひらひらと涼しげでとっても可愛いんだけど、すぐにダメになってしまうのが難点。

今まで何度も、その可愛さに惹かれて買ってきては、あっという間に枯らしてしまった〜TT

お店の方に相談するとー

ーアジアンタムの葉は非常に薄く、自力ではなかなか水分を保つことができないから
朝、夕、お水をたっぷり、そして、葉っぱにもこまめに霧吹きで水分補給してあげて下さいね。というアドバイスを頂きました。

この可愛さを保つためには、それなりのこまめなお手入れが必要なのねー

よし、今度こそは、しっかり育てるゾ!と、意気込んでたものの、
朝、夕、お水、しっかりあげているのに(霧吹きも)心なしか、購入時よりややボリュームダウンしたような気がする・・(^_^;)

よく見ると、所々、葉っぱがチリチリッとした感じになってる〜〜

なんか危ういなぁ・・今度のはいつまでもってくれるのかな・・

b0152515_16194636.jpg

[PR]
by hitomille | 2010-06-28 16:35 | リノベーション

re-novation*リノベーション

b0152515_22264555.jpg

しばらくぶりの更新です〜

この間、個人的に環境が激変したのですが、今また新しい生活に向けて準備中です。

当初、予定になかったことだけど、
思わぬ流れから、築30年のマンション・・をリノベーションして住むことになりました。

事の始まりは、あるリノベーションされたお部屋がとっても素敵で、思わず興味が湧いてしまって・・
それから流されるように事がその方向へ進み、今年に入ってすぐに打ち合わせ、3月から着工、
この度、ようやく完成に近づいてきました。

今回、設計をお願いしたのはその素敵なお部屋の持ち主でもあるアーキテクツ1級建築士の狩谷さん。

狩谷さんとは今回初対面でしたが、ほぼ同年代ということもあってか、最初からあまり気を使うことなく(すみませんッ!)
しかも、打ち合わせごとに、雑談の時間の方が長くなってしまって(汗)貴重なお時間、たくさん頂いてしまいました。

限られた予算と空間の中で、私の意見や希望(時にはわがまま・・)をできる限り聞いて下さり、
そして狩谷さんの緻密な計算に基づいたうわッと驚くようなアイデアやセンスでまとめられた空間は
当初の私の乏しいイメージからは程遠く(まだ全貌は見えてきませんが)とても素敵な空間になりそう♪

近況報告を兼ねて、少しづつアップしたいと思います。

P.S 今回のリノベーションにあたり狩谷さんがマイホーム専用のブログを作ってくれました!
   ご興味のある方はご覧くださいhttp://kyarchi.exblog.jp/
[PR]
by hitomille | 2010-05-25 00:53 | リノベーション