出会い

b0152515_15415534.jpg


私とリンナが出会ったのは、1989年12月13日。
とても寒い日でした。

ちょうどその1年前から一人暮らしを始めた私はなんとか物をそろえ終わると
心もとなく、寂しくなってきてしまって、文鳥を飼い始めました。
とっても可愛くて、手の中ですっぽり安心して眠ってしまう姿に本当に癒されたのだけど
悲しいかな、文鳥とはそのまま一緒に眠るわけにいかず、必ず鳥かごに戻さなければいけない。

フワッとした柔らかいものを抱いて一緒に眠りたい〜
と思うようになってしばらく・・ある子猫の写真入りのチラシがポストに入っていました。

「ペルシャ猫譲ります。1〜3万。」

・・・可愛い。。とっさに思ってしまったのだけど、、

いや、でも・・・私は猫が嫌い。 

正確には嫌いというよりは、 怖い、というのが正しいのだけど。

昔から動物に対しては、「怖い」という気持ちが先走ってなかなか自分を開けずいた
のだけど、その中でも特に、猫はこわかった。

b0152515_2142393.jpg彼らは、柔軟でよく撓る身体をもち、とても俊敏そう。
長い武器のようなツメもあるし、足音を立てず忍び寄るし、
下手に近づくとひっかかれそうな侮れない雰囲気を発していて、
遠目に見ているだけで精一杯。

私にとって猫はそういう存在。
もちろん一生、縁のないものとして、信じて疑わなかったのです。

それなのに、思わず「可愛い」って思ってしまったのは、
自分でも驚いたけど、それには理由があって、
あの苦手な独特のシルエットがフワフワの毛に包まれていて、
まるでぬいぐるみのようだったから。


いわゆるペルシャ猫の子猫は、私の典型的な猫のイメージからほど遠いものだったのです。

「これなら、私にも飼えるかも」そう思ってしまったが運の尽き、、

それでも、一人で行くには、少々勇気が足りなかったので、お友達のIちゃんについてもらって、
とりあえず、そのペルシャの子猫がいるお家にいくことに。。

子猫は、5匹。ぜんぶくっついていて、一塊になっていた。

横をうろうろするシルバーのお父さん猫と、黒猫のお母さん猫の大きさが気になってしょうがなかったけど、
でも、目の前にいる子猫は文句なく可愛い。飼い主さんの優しい雰囲気にも後押しされ、
ここまで来たら、もう後戻りできない、と腹をくくって、
その中から一番小さな子を選びました。1万〜3万。って書いたあったので、とりあえず、2万円を渡して。

それでも怖いのには変わりないから、1ちゃんにその子を抱いてもらって、家まで送ってもらいました。
(ほんとにアリガトウね〜〜)


b0152515_2144074.jpgパタンとドアを閉めて、二人きりになった部屋は、なぜか同じ部屋なのに、まったく別のものに変ってしまった感じ。

常に、動いているもの、生命を持つものがいつも自分の側にいる。
その変ってしまった空気みたいなものが、ジワ〜っと、喜びに変わり、
私に溶け込んでいく。


ただ、最初の夜だけはとてもじゃないけど、一緒に寝るどころではなく、廊下に毛布と一緒に閉め出してしまったのだけど。。

でも、そんなことをしてしまったのは最初の夜だけ。


彼女が私の一番大切な宝物になるまで、ほんとに1週間もかからなかったのだから。。

私は大槻ケンジの詩集「リンウッド・テラスの心霊フィルム」に出てくる
猫のテロリスト、リンナから名前をとって、「リンナ」と名付け(そのまま(笑)
彼女とふたりの生活を9年間、そして
私の娘が生まれてから3人(人っていっていいのか)での10年間
計18年と7ヶ月、今現在も、一緒に過ごしています。 

その間、
病気ひとつぜず(一度マンションの4階から落ちるという衝撃の事件があったのだけど)
本当に健康で、ここまできました。

飼い主の器に合わせてくれているのか、おとなしくて(でも、気は強い)
めったに鳴かない、手を煩わせることもほとんどなく、本当におりこうさんの子です。

18才までは、老化現象さえ感じることもなかったけれど、、

18才の誕生日を過ぎたあたりから、急激に毛がうすくなって、食べても痩せていくばかり。
もうペルシャ猫の面影もないくらいになりました。

それに、ここ2週間くらい前から、急に足腰が弱ってきて、ソファにさえ上がることができず、
歩くのさえきごちない。急に暑くなったせいか、食べる量が見るからに減っています。

あと、どれくらい一緒にいれるのかー。

考えては泣いて。。その繰り返し。
でも、泣きすぎて思ったのは、それは、結局、自分の為に泣いてるって。
だから、泣くのは、もっと後。

毅然と彼女の最後を看取るのが、私の役目。

私ができることは、ただ、痛みや苦しみをできる限り取り除いてくれるように、
祈り、見守るしかできないのだけど。。

 
b0152515_2140482.jpg

[PR]
# by hitomille | 2008-07-16 21:50 | リンナ

mousse aux Cassis*カシスのムース

b0152515_1750917.jpg

                ーmousse aux Cassis♡カシスのムースー

このケーキは以前、通っていた小林かなえさんのお菓子教室で教わったものです。
(初級の半分でやめてしまいましたが)
ハートの形とピンク色が可愛いい、とってもラブリー♡なケーキ。

b0152515_22275936.jpg

作り方は比較的簡単。ココアの入ったジェノワーズ・ショコラを焼いて4枚にスライス。一台に2枚しか使わないので、残りの2枚は、一枚づつラップにくるんで次回用に冷凍。カシスのピュレはSICOLY社のものを使用しています。


b0152515_22332621.jpg
b0152515_2259127.jpg

b0152515_22361945.jpg

ただ、この冷凍のピュレ・・一つの大きな固まりなので、それ自体を取り出し、半解凍し、フォークで削り割って分量分を取り分けるのが、とっても面倒。カシスの果汁で手は真っ赤に染まるし、辺りはカシスの果汁が飛び散って・・この作業、個人的にほんとにキライ〜〜。カレーのルーのように50グラムくらいの単位でパキパキと割って使えるようなものがあればいいのに・・と毎回思うけれど、とりあえず真っ先にこれをやってしまえば、後は問題なしなので。。ハートに抜いたジェノワーズを底に敷いて、カシス入りシロップをたっぷりしみ込ませ、ムースを流し、その上に再度、ジェノワーズ、ムース、と同じことを2回くり返すだけ。黒すぐりの黒みがかった濃いローズにクレーム・シャンティが合わさって本当に綺麗なピンク色。


b0152515_2237347.jpg


ー冷蔵庫で約半日、冷やし固めて仕上げのナパージュにフランボワーズとグロゼイユをトッピング。
そのままでも充分可愛いけれど、もう少し極める為、薔薇とローズピンクのリボンで演出。お味の方は、カシスの甘酸っぱさが効いていて以外にあっさり。大きめにカットしていただきます。ただ、このケーキ・・冷蔵庫から出して、カットしてそそくさ一人で食べてしまうには、なぜかしのびない気分。。できるだけたくさんの人にお披露目したくなるケーキです。
やっぱりラブリーなもののパワーってスゴイ!?のかも。

b0152515_15571961.jpg

[PR]
# by hitomille | 2008-07-13 01:25 | 手作りお菓子

お菓子の思い出

b0152515_1153525.jpg



小さい頃からお菓子作りが好きで、よく箱入りの混ぜるだけプリンやゼリーを
作っていました。
初めて本格的?なものにチャレンジしたのは小学4年生。

突然、「クッキーを作りたい!」と思い立ち、家には、本や参考になるレシピ
も何もないのに、一人台所に立ち、卵とお砂糖,小麦粉と、牛乳などを引っ張り
だし、全部適当に合わせて泡立て器でグチャグチャ。
ちょっとやわらかいな、お粉、あ、固くなりすぎた。牛乳。
を再三、繰り返し、最終的に型で抜けるくらいの適当な堅さになった時は、家
の小麦粉を全部使い切ってしまいました。

ようやく出来上がった大量のクッキーは、想像していたのとはちょっと(とい
うか随分)違って、ほとんど甘みのない、クラッカーのようなものになってしま
いましたが、それでも、ハート型に抜いたクッキーに胸が弾み、大切に袋に詰
めて公園に持き、ひとりで食べて、大満足していたのを覚えています。

当時からお菓子作りに興味を持っていたけど、それ以前に
美味しいものを食べたいというよくばりな気持ちも人一倍。。

それは今も変らず、基本は自分が食べたいので、自分の為に作ります(笑)

その時の気分にまかせて、その時食べたいものを。。

でも、お菓子作りには致命的な・・性格が大雑把。
それにツメも甘いので(自覚してるくらいなら、もっと意識すればいいんだけど☆)
毎回、あッ!とかゲッ!の奇声の連発。

このツメの甘さはなかなか直らないけど、最後まで気を抜かず、丁寧に丁寧に
集中して。
でも、慎重すぎても上手くいかない。思い切りの良さも必要。
(これって何事にも共通しますよね)

上達するには、回数を作るしかない、
ということで、日々のお菓子作りをコツコツとアップしていきたいと思います。

b0152515_8411962.jpg

[PR]
# by hitomille | 2008-07-09 11:48 | 手作りお菓子

はじめまして!

好きなものや、手作りお菓子、たあいのないひとり言、老い先の短い愛猫リンナ(18才)のことなど
日々のこと、少しづつ綴っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。
b0152515_20444732.jpg

[PR]
# by hitomille | 2008-06-30 17:00 | はじめまして